--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ: | カテゴリ:スポンサー広告 |
2007.06.09

芝居と本音 - 学園カゲキ

学園カゲキ! 学園カゲキ!
山川 進 (2007/05/24)
小学館

この商品の詳細を見る



結論から言うと、当たりでした。

今まで読んだ中でも一番良かった。(そんなに読まないからかも知れないが)

最後まで読むと、良くできてると感心する一冊です。

もちろん九月(ヒロイン)がかわいいのもあるわけですが、シナリオが良くできてるのが一番大きかったかな。

描きたいことはあります、ありますけど、それを書くと完全にネタバレ、と言うかこの本の醍醐味が一つ減ってしまうので追記で。

簡単に言うと、記事のタイトル通り「芝居と本音」についてなのですが、どれが芝居でどれが本音なのかがわからない所が時々ありました。
ただこの本の醍醐味は芝居と本音のはずです。私はそう感じました。

私はものすごく涙腺が弱いので、だとは思いますが、泣きました。ラノベで泣いたのは初めてです。(割と泣きます)

辛口に評価するならば、アフターストーリー的なものが欲しかったぐらいでしょうか。


甘々な展開がもうちょっと欲しかったかな。(FC2ブログランキング)



続きを読む
スポンサーサイト
テーマ:ライトノベル | カテゴリ:ライトノベル | CM:(0) | TB:(0) |
2007.06.07

ノスタルジア - ゼロの使い魔11

ゼロの使い魔 (11) ゼロの使い魔 (11)
ヤマグチ ノボル (2007/05)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る



さて、割と遅くなりましたが。

言っておくと、ツンデレはそんなに好きじゃありません。素直な方が好きだと思います。

だ か ら

ルイズよりもアンリエッタとか、タバサとかの方が好きです。

ってかタバサが好きです。



コメントする箇所は、割と多い様な気がします。

ルイズの両親についてだとか、サイトのノスタルジア(望郷)だとか。あとはタバサのキスだとか。

まぁ順を追って・・・。

ルイズの両親

さすがにいつでもどこでも、金持ちが子供を大切にするのは同じですか(一概にそうとも言い切れませんが)
それにしても・・・スパルタだなあ・・・

あんな親に囲まれて育って、よくもあんな性格に育ったものです。
カトレアが理想です。

才人のノスタルジア

当然のものだと思います。
帰るかどうかではなくて、帰れるかどうかですね。
いつでも帰れると思えば故郷から離れていてもさほどそういうものを感じないとは思います。


タバサのキス

ちょっと不本意でしたが。
雰囲気だとゼロの使い魔のタバサ、ハルヒの長門有希、P2!のアキラがにてる様に感じます。
まぁタバサと長門をアキラに重ね合わせていると言うことだとは思いますが。
タバサ→才人のフラグが立ってるわけではない様で残念ですが、それでも十分かも。


ラノベの感想はちょっとネタバレを含ませづらいのが難点です。もちろん個人的な事ですが。なんとなく。

タバサかわいいよタバサ(FC2ブログランキング)

テーマ:ライトノベル | カテゴリ:ライトノベル | CM:(0) | TB:(1) |
2007.02.08

ゼロの使い魔 (1)~(5)まとめてレビュー。

□目次□

1巻

2巻

3巻

4巻

5巻




1巻

ゼロの使い魔 ゼロの使い魔
ヤマグチ ノボル (2004/06)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


あらすじ

「あんた誰?」―才人が目を覚ますと、可愛い女の子が才人を覗きこんでいた。見回すとあたりは見知らぬ場所で、魔法使いみたいな格好をしたやつらが、才人と女の子を取り囲んでいた。その女の子・ルイズが才人を使い魔として別の世界へ「召喚」したらしい。訳がわからず面くらう才人に、ルイズは契約だと言って、いきなりキスしてきた。俺のファーストキス!と怒る間もなく、手の甲にヘンな文字が浮かび、才人は使い魔にされてしまう。仕方なく、ルイズとともに暮らしながら、元の世界に戻る方法を探すことにした才人だが…。才人の使い魔生活コメディ。
(アマゾンよりコピペ)

レビューというか感想

ツンデレだね、うん。
やっぱり僕はツンよりデレの方が好きだ!(それがどうした)

デレは良いよ・・・。




2巻 風のアルビオン

ゼロの使い魔(2) 風のアルビオン ゼロの使い魔(2) 風のアルビオン
ヤマグチ ノボル (2004/09/25)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


あらすじ

パーティでルイズと近づけた気がした才人だが、ルイズは相変わらず才人を下僕扱い。納得いかない才人は、ルイズとケンカばかりしていた。そんなある日、トリステインの王女アンリエッタが、フーケを捕らえたルイズたちの力を見込んで頼みごとを持ちかけてきた。隣国アルビオンの皇太子から、手紙を返してもらってほしいという。その手紙は決して他人に見られてはならないものらしい。引き受けた才人たちは、護衛のワルド子爵とともに出かけることに。このワルド、なんとルイズの婚約者で、ルイズの満更でもない様子が才人は気に食わない。ワルドに惚れたキュルケやタバサも加わって、旅が始まるが―!?大人気の使い魔コメディ第2弾。
(アマゾンよりコピペ)

レビューというか感想

何かと才人がキスをする話だったり・・・
もう、皇女様にまでキスしてしまうぐらい・・・

才人に恋敵登場かと思ったら最後にはいなくなってしまいました。
寝てる(と思っていた)時にキスするなんて///
なんかもう心が苦しいです。
胸きゅん?(古)




3巻 始祖の祈祷書

ゼロの使い魔〈3〉始祖の祈祷書 ゼロの使い魔〈3〉始祖の祈祷書
ヤマグチ ノボル (2004/12)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


あらすじ

異世界・ハルケギニアに使い魔として「召喚」されてしまった才人。可愛いけれど魔法の才能はゼロのご主人様・ルイズとともに、アンリエッタ王女から頼まれた任務を無事果たした。ルイズは自分を守るために戦ってくれた才人を意識しはじめ、着替えや洗濯を自分でやったりして、ちょっぴり優しく接するようになる。だが、才人は急に変わったルイズの態度に「嫌われて警戒されてる…」と勘違いして卑屈になってしまい、全然かみ合わない毎日が続いていた。そんな折、ルイズはアンリエッタの結婚式の巫女役を仰せつかる。巫女は『始祖の祈祷書』を持って詔をとなえるのが役目で、ルイズは学院長から『始祖の祈祷書』を預かるが…。

レビューというか感想

ルイズが伝説ゼロの担い手であることがわかった3巻。

ツンデレ・・・いや、デレってイイね!

うーん、グッデレ(GOOD DERE)!!何だそれ?

シエスタとの混浴とかあって、お色気分も十分な一冊かな。

グッデレ!




4巻 誓約の水精霊

ゼロの使い魔〈4〉誓約の水精霊 ゼロの使い魔〈4〉誓約の水精霊
ヤマグチ ノボル (2005/03)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


あらすじ

異世界ハルケギニアに使い魔として「召喚」された才人は、相変わらずご主人様であるルイズに犬扱いされていた。ある日、ルイズは敵軍を撃退した件で、王女アンリエッタに呼び出される。ルイズが伝説の『虚無』の使い手として知れ渡り、敵に狙われることがないよう、心を砕いてくれる王女。そんな彼女に改めて忠誠を誓うルイズと、ルイズを助けることを約束させられる才人。だが、全てがうまく収まったように見える裏で、アンリエッタは好きだった亡きウェールズ王子を想って沈んでいた。そんな彼女の心につけいるように、敵軍レコン・キスタの策略が動きはじめ…異世界を舞台にしたラブ&ドラマティックストーリー、第4弾。

レビューというか感想

前半は短編集気味で、後半はアンリエッタとウェールズの一冊。

ホントにアンリエッタとウェールズの別れは泣けました。
まぁ、僕はかなり涙もろいのですが。
もしかしたら、学校で一番涙もろいかもってくらい(汗

前半は「惚れ薬」のせいで積極的になったルイズがありましたが、どうも好きになれません。

このラノベにはまったのは、ここら辺からだと思います。




5巻 トリスタニアの休日

ゼロの使い魔 (5) トリスタニアの休日 ゼロの使い魔 (5) トリスタニアの休日
ヤマグチ ノボル (2005/07/22)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る


あらすじ

才人はある日突然異世界ハルケギニアに『召還』されてしまった高校生。元の世界に戻る方法を探しつつ、美少女魔法使い・ルイズのもとで使い魔として暮らしている。顔は可愛くても高飛車で意地っ張りなルイズとは、いつからかお互いを意識するようになったものの、すれ違ってばかり。そんな状態で迎えた夏休み、アンリエッタ女王に町の偵察を頼まれた才人とルイズは、下町の酒場で住み込みのアルバイトをはじめる。ルイズはプライドの高さから客を怒らせてばかりだが、店では客からもらうチップを競う「チップレース」が行われることに…(第一話)。今回は夏休みを舞台にした短編集。大人気のキュルケ&タバサの出会い編も収録。

レビューというか感想

アンリエッタ×サイトも悪くないと思った一冊。

成り行きとは言え、積極的なアンリエッタが・・・こう、大人の魅力?わからないけど、とてもイイ!

そのせいでルイズの機嫌が悪くなってしまいましたが・・・ツンですね。



うーん、感想が短いのは気にしないでくださいね。
あとは、5~9巻をまとめてレビューして、そのあと10巻をレビューします。
いつになるかはわかりませんけどね(汗

では、

グッデレ!

1.gif
↑やはり手抜きかっっ(汗
テーマ: | カテゴリ:ライトノベル | CM:(0) | TB:(0) |
2007.01.30

神様家族 (3)~(7)まとめてレビュー。

目次

3巻 桃色貯金

4巻 シャボン玉ホリデー

5巻 恋愛体操

6巻 鉄棒工場

7巻 新型握手



(3) 桃色貯金

神様家族〈3〉桃色貯金 神様家族〈3〉桃色貯金
桑島 由一 (2003/11)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る
 

◆あらすじ◆

どこにでもいるフツーの高校生・神山佐間太郎は、実は将来の神様候補。神様の父、女神の母と姉妹に囲まれ、修行として人間界で暮らしている。悪友の進一は、二学期から隣のクラスの愛ちゃんと付き合い始めたらしい。佐間太郎も、天使で幼なじみのテンコとの距離がビミョーに近づいてきた。…かも。ってなときに、転校した初恋の人・久美子に再会して超ドキドキの佐間太郎。何!?ドキドキですとー!?「佐間太郎のぶっあぁっかあああああううう!!!」ウルトラアットホームなラブコメファンタジー、凄絶な三角関係に展開。 (アマゾンよりコピペ)

◆レビューというか感想?◆

コレはまだ読み足りない部分があるかも。
ただ、最後の佐間太郎の絵とか、「ラブコメファンタジー」のラブコメの部分が抜けていたりすれば、最後にはほのぼのな感じの「ラブ」も入っていたりと、なかなか満足出来る内容だったと思います。

シリーズ中でもかなりシリアスな方だと思います。




(4) シャボン玉ホリデー

神様家族〈4〉シャボン玉ホリデー 神様家族〈4〉シャボン玉ホリデー
桑島 由一 (2004/02)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


◆あらすじ◆

どこにでもいるフツーの小学生・神山メメは、実は将来の女神様候補。ある日、学校帰りのメメの目の前に大きな黒い塊が落ちてきた。久美子に朝顔のタネだと教えられて、こっそりそれを育てることにするのだが…。今回は、おなじみ神様一家の女性たちにスポットをあてたコンピレーション!ママさんは勝手に一日警察署長になるし、愛はグレるし久美子は××っちゃうし。おまけにその久美子が佐間太郎と同居!?相変わらずお騒がせな彼女たちの日常に、主人公・佐間太郎は疲労困ぱい。 (アマゾンよりコピペ)

◆レビューというか感想?◆

朝顔の草薙くんが個人的にツボです。
本編にはあまり影響を及ぼさない、外伝、です。
一見短編集のように見えて、最後まで読んでみると話がつながっていることがわかります。

やっぱり神様の娘・息子は個性的です。




(5) 恋愛体操

神様家族(5) 神様家族(5)
桑島 由一 (2004/08/25)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


◆あらすじ◆

「佐間っち!?」「テンちゃん!?」仲良く声を掛け合いながら銭湯から出てくる佐間太郎とテンコを、偶然目撃しちゃった進一と愛。「なんだあのラブラブバカップルぶりは!?」「二人がヘンになっちゃったよー!!」―ことの発端は、近所の小学生キュウタがテンコにプロポーズしたこと。彼を諦めさせるための一芝居だったのだが、誤解を重ねて久美子まで張り合いだす始末。ところが、真剣なキュウタに同情した佐間太郎の一言で、ついにテンコが大噴火!「あたし、実家に帰らせていただきますっっ!!」え、実家?それって…天国。 (アマゾンよりコピペ)

◆レビューというか感想?◆

佐間太郎の恋敵(?)キュウタの登場です。
3巻を飛ばして読んでしまって最初「エチケット袋」の意味がわからなかったけども、楽しく読めました。

いつも通り(?)エピローグでテンコと佐間太郎の距離が縮まります。
いつも通り(?)最後の方はシリアスな展開です。




(6) 鉄棒工場

神様家族〈6〉鉄棒工場 神様家族〈6〉鉄棒工場
桑島 由一 (2005/04)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


◆あらすじ◆

神様の息子・神山佐間太郎は、ある日ふと気づくと赤ちゃんになっていた! 幼馴染のテンコや妹のメメにまであられもない姿をじっくりと凝視されて超赤面、悶死寸前の佐間太郎。でも、テンコを始めみんなは赤ちゃんが佐間太郎だと気づいていない様子。一体何が起こったの!? なーんとなく異変に気づいた久美子が、スグルとともに調査に乗り出したのだけど、テンコの瞳に映っていたのは……!? おなじみ神様一家のハートフルファミリーシリーズ第六弾。勇気を出して告白編ですっ!!(アマゾンよりコピペ)

◆レビューというか感想?◆

美佐の「あててんのよ」が合ったりしますが、かなりの攻撃力なんだと思います。ヴィーナスだし。うん。

途中かなりテンコと佐間太郎の距離がかなり近づきますが、珍しく最後の方での接近がなかったように思えます。
今回の終わりかたは7巻の予告のようなものですかね?
シリアスな終わりかたでした。
この巻で三角関係が終わり、佐間太郎×テンコの一本に絞られますが。




(7) 新型握手

神様家族〈7〉新型握手 神様家族〈7〉新型握手
桑島 由一 (2005/12)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


◆あらすじ◆

ついに神様になるための最終テストが始まった!! その内容とは「人間になってある人を助けること。それまでは家に帰ってきちゃダメ」というもの。ところがなぜかお泊まり温泉旅行だと思いこんだテンコは同行すると言い張る始末。
「し・け・ん!!」「お・ん・せ・ん?」「言ってねえ!!」「キョトン!」
…ともかく、その"ある人"が誰なのかもわからず途方に暮れる旅ながらも、佐間太郎とテンコは白昼夢のような不思議な体験を重ねていくのだった――!! 心の親分・桑島が満を持して贈るハートフル家族物語、ついにこの世界に決着!? (アマゾンよりコピペ)

◆レビューというか感想?◆

かなりシリアスな、神様家族in人間みたいな話。
テンコと佐間太郎の2人旅ですが、テンコの口調が時々おかしい以外は普通にシリアスに進みます。
ラストまでシリアス進行で、6巻などの話ともリンクしています。
神様家族の集大成・・・ですか?





まとめて感想。

これが初めてはまったラノベです。
ハルヒも読みましたが、ココまでピンとは来ませんでした。
ただ、ラブコメだぁー・・・都会雨天海が少ないような気もしました。
「ウルトラアットホームなラブコメファンタジー」や「ハートフルファミリーシリーズ」などと書かれるように、ラブコメメインではない時も多々ありますが、全体的に質の高いものだったように思えます。

1.gif
↑まとめてレビューしましたぁー感想が短いのはスルーして下さい。
テーマ:感想 | カテゴリ:ライトノベル | CM:(1) | TB:(0) |
2006.12.10

神様家族(2)発育少女

今日2回目の更新になります


神様家族〈2〉発育少女 神様家族〈2〉発育少女
桑島 由一 (2003/09)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


◆あらすじ◆

東京世田谷区に住んでいるフツーの高校生・神山佐間太郎は、実は神様の息子だ。人間界を勉強するため、女神の母と姉妹、お手伝いで幼なじみの天使のテンコと一緒に暮らしている。ある日、佐間太郎が家に帰ると、テンコがこれ以上ないってくらいオロオロしながら告白する。「できちゃったの…赤ちゃん」「は?」「父親は、佐間太郎」…あのな、テンコ。キスじゃ赤ちゃんはできませんっ!じゃあ、この赤ちゃんどうなるの?大反響のラブコメファンタジー。アレもコレもとばして、いきなり子育て編!? (アマゾンよりコピー、一部修正。背表紙。)

◆レビューというか感想?◆

前の記事でも言った通りですが、個人的に1巻よりもいいと思います。
佐間太郎とテンコのラブコメ展開がなされていますからね。
特に後半はふたりがすごい良い感じだったので、何度も読み返してたり・・・
なんて、感想がかなり個人的な話になっていってしまうので、もうちょっと客観的に感想を。

とりあえず、ハルヒレベル・・・いやそれ以上に現実離れしている内容で、タイトルの「発育少女」というのは、あらすじの「子育て編」の「子」にあたるということなのですが、それくらい言ってもいいよね?

1話もそうでしたが、2話も確実に現実離れしています。
その少女は成長スピードが・・・まぁ買ってからのお楽しみですよ。まぁだいたい予想はつくでしょうが(ぉぃ
「子」って言いますが、かなりパパ(佐間太郎)にゾッコン?だったりします。

序盤は、ふたりの仲がちょっと悪くて、個人的にはイライラ会話が少なかったり、テンコがヤキモチを焼いたりと、色々ありました。
でも一番良かったシーンは、やっぱり、「発育少女」に関する事柄が終わったあとのふたりの良い感じの雰囲気とか、そのあとのタイムスリップしたあとの2人とか。
タイムスリップとかそこら辺はさすがに書くとダメかなあと思うので。
とりあえずテンコファンとしてはこの上なかったり(ファンと言えど、昨日からだが。)する1冊。
登場キャラの中で一人は気に入るキャラがいると思いますよ。
主観ばりばりで書いてしまいましたがこんな感じ。
ラブコメは読んでいて楽しいというか、何か胸キュン(古いよ)みたいな感じがあってやっぱ買って読みたくなるんですよ。ってことで、明日で3巻と5巻とを買ってこようと思います。
4巻は短編集なので、まずは本編を揃えてから買おうと思います。

1.gif
↑来週は、ハヤテの新刊が出るので忙しいです。でも早いうちに、3巻5巻のレビューは載せます。
テーマ: | カテゴリ:ライトノベル | CM:(0) | TB:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。