--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ: | カテゴリ:スポンサー広告 |
2007.01.30

神様家族 (3)~(7)まとめてレビュー。

目次

3巻 桃色貯金

4巻 シャボン玉ホリデー

5巻 恋愛体操

6巻 鉄棒工場

7巻 新型握手



(3) 桃色貯金

神様家族〈3〉桃色貯金 神様家族〈3〉桃色貯金
桑島 由一 (2003/11)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る
 

◆あらすじ◆

どこにでもいるフツーの高校生・神山佐間太郎は、実は将来の神様候補。神様の父、女神の母と姉妹に囲まれ、修行として人間界で暮らしている。悪友の進一は、二学期から隣のクラスの愛ちゃんと付き合い始めたらしい。佐間太郎も、天使で幼なじみのテンコとの距離がビミョーに近づいてきた。…かも。ってなときに、転校した初恋の人・久美子に再会して超ドキドキの佐間太郎。何!?ドキドキですとー!?「佐間太郎のぶっあぁっかあああああううう!!!」ウルトラアットホームなラブコメファンタジー、凄絶な三角関係に展開。 (アマゾンよりコピペ)

◆レビューというか感想?◆

コレはまだ読み足りない部分があるかも。
ただ、最後の佐間太郎の絵とか、「ラブコメファンタジー」のラブコメの部分が抜けていたりすれば、最後にはほのぼのな感じの「ラブ」も入っていたりと、なかなか満足出来る内容だったと思います。

シリーズ中でもかなりシリアスな方だと思います。




(4) シャボン玉ホリデー

神様家族〈4〉シャボン玉ホリデー 神様家族〈4〉シャボン玉ホリデー
桑島 由一 (2004/02)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


◆あらすじ◆

どこにでもいるフツーの小学生・神山メメは、実は将来の女神様候補。ある日、学校帰りのメメの目の前に大きな黒い塊が落ちてきた。久美子に朝顔のタネだと教えられて、こっそりそれを育てることにするのだが…。今回は、おなじみ神様一家の女性たちにスポットをあてたコンピレーション!ママさんは勝手に一日警察署長になるし、愛はグレるし久美子は××っちゃうし。おまけにその久美子が佐間太郎と同居!?相変わらずお騒がせな彼女たちの日常に、主人公・佐間太郎は疲労困ぱい。 (アマゾンよりコピペ)

◆レビューというか感想?◆

朝顔の草薙くんが個人的にツボです。
本編にはあまり影響を及ぼさない、外伝、です。
一見短編集のように見えて、最後まで読んでみると話がつながっていることがわかります。

やっぱり神様の娘・息子は個性的です。




(5) 恋愛体操

神様家族(5) 神様家族(5)
桑島 由一 (2004/08/25)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


◆あらすじ◆

「佐間っち!?」「テンちゃん!?」仲良く声を掛け合いながら銭湯から出てくる佐間太郎とテンコを、偶然目撃しちゃった進一と愛。「なんだあのラブラブバカップルぶりは!?」「二人がヘンになっちゃったよー!!」―ことの発端は、近所の小学生キュウタがテンコにプロポーズしたこと。彼を諦めさせるための一芝居だったのだが、誤解を重ねて久美子まで張り合いだす始末。ところが、真剣なキュウタに同情した佐間太郎の一言で、ついにテンコが大噴火!「あたし、実家に帰らせていただきますっっ!!」え、実家?それって…天国。 (アマゾンよりコピペ)

◆レビューというか感想?◆

佐間太郎の恋敵(?)キュウタの登場です。
3巻を飛ばして読んでしまって最初「エチケット袋」の意味がわからなかったけども、楽しく読めました。

いつも通り(?)エピローグでテンコと佐間太郎の距離が縮まります。
いつも通り(?)最後の方はシリアスな展開です。




(6) 鉄棒工場

神様家族〈6〉鉄棒工場 神様家族〈6〉鉄棒工場
桑島 由一 (2005/04)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


◆あらすじ◆

神様の息子・神山佐間太郎は、ある日ふと気づくと赤ちゃんになっていた! 幼馴染のテンコや妹のメメにまであられもない姿をじっくりと凝視されて超赤面、悶死寸前の佐間太郎。でも、テンコを始めみんなは赤ちゃんが佐間太郎だと気づいていない様子。一体何が起こったの!? なーんとなく異変に気づいた久美子が、スグルとともに調査に乗り出したのだけど、テンコの瞳に映っていたのは……!? おなじみ神様一家のハートフルファミリーシリーズ第六弾。勇気を出して告白編ですっ!!(アマゾンよりコピペ)

◆レビューというか感想?◆

美佐の「あててんのよ」が合ったりしますが、かなりの攻撃力なんだと思います。ヴィーナスだし。うん。

途中かなりテンコと佐間太郎の距離がかなり近づきますが、珍しく最後の方での接近がなかったように思えます。
今回の終わりかたは7巻の予告のようなものですかね?
シリアスな終わりかたでした。
この巻で三角関係が終わり、佐間太郎×テンコの一本に絞られますが。




(7) 新型握手

神様家族〈7〉新型握手 神様家族〈7〉新型握手
桑島 由一 (2005/12)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


◆あらすじ◆

ついに神様になるための最終テストが始まった!! その内容とは「人間になってある人を助けること。それまでは家に帰ってきちゃダメ」というもの。ところがなぜかお泊まり温泉旅行だと思いこんだテンコは同行すると言い張る始末。
「し・け・ん!!」「お・ん・せ・ん?」「言ってねえ!!」「キョトン!」
…ともかく、その"ある人"が誰なのかもわからず途方に暮れる旅ながらも、佐間太郎とテンコは白昼夢のような不思議な体験を重ねていくのだった――!! 心の親分・桑島が満を持して贈るハートフル家族物語、ついにこの世界に決着!? (アマゾンよりコピペ)

◆レビューというか感想?◆

かなりシリアスな、神様家族in人間みたいな話。
テンコと佐間太郎の2人旅ですが、テンコの口調が時々おかしい以外は普通にシリアスに進みます。
ラストまでシリアス進行で、6巻などの話ともリンクしています。
神様家族の集大成・・・ですか?





まとめて感想。

これが初めてはまったラノベです。
ハルヒも読みましたが、ココまでピンとは来ませんでした。
ただ、ラブコメだぁー・・・都会雨天海が少ないような気もしました。
「ウルトラアットホームなラブコメファンタジー」や「ハートフルファミリーシリーズ」などと書かれるように、ラブコメメインではない時も多々ありますが、全体的に質の高いものだったように思えます。

1.gif
↑まとめてレビューしましたぁー感想が短いのはスルーして下さい。
スポンサーサイト
テーマ:感想 | カテゴリ:ライトノベル | CM:(1) | TB:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。