--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ: | カテゴリ:スポンサー広告 |
2007.03.28

マリアさんの憂鬱

ハヤテのごとく! 121話 さよなら人類(私だけ)の感想です。
ええと・・・ほとんどマリアさんですからね?

マリアさんがそんなに出てないのに?とか言わないで。

正直なところ、扉絵をアップしたくてしょうがないんですが。

スキャナ無いのでね・・・欲しいなスキャナ。

で、その見開きのマリアさんなんですが・・・エロいね。

この見開きには、いろいろな例えが・・・

ヒナギク様をみてるっ!?のタカヒナ二号さんは、
テロ例えています。
また、Moon of Samuraiの士月さんは

個人的にはエロリストはもっとけしからんおっぱいであるべきだと愚考します。

とまで言っています

全くもって的を射ていると思います。
マリアさんファンとしてはまぁ嬉しかったりまぁちょっと悲しかったりするワケなんですが、まぁ見てもわかるように嬉しいです。

あー・・・左手邪魔。あとアニメ化のタオルも邪魔。
ん?もしかして、アニメ化がない(アニメ化のタオルがない)方がイイってこと?畑先生かなり忙しいみたいですし。
・・・あぁ、何でもないですよ。

ところで何なんですが、3話(?)の混浴事件の時よりも胸ちっちゃくなってません?

いや気のせいならいいんですが。

とはいえ、コレも何もすべて、マリアさんが恥じらっているからいいんですよ!

昨日の記事といい、デレがとても好きですから?

うん、あれだ、記事ものすごく書きやすい。

この見開きは永久保存しておかないと。

ふぅ、やっと見開きの感想が終わりましたね・・・私は何をやってるんだ!
今週感想が遅れる(もしかしたら書けない)かもしれない福音を告げる場所のFAボーイさんに申し訳が立たないっ!(汗)

でもなぁーヒナギク出てないしなー・・・

今日の記事の半分以上は見開きと本編1ページ目で埋め尽くされそうな予感。

この見開きの余韻をひきづったまま本編に突入しました。
マリアさんが悲鳴を上げているっ(汗

ハヤテに温泉のぞかれたかなー?とか思いましたよ。冗談抜きで。

いやまぁその展開シャニ的には大歓迎なんですけどね。


2007_03_28_1.jpg
えーと・・・大丈夫です?マリアさん今日なんか変ですよ?
いちいちウザイですけど、目の下の///がいいんですよ。

で、ここから状況説明に入ります。
2007_03_28_2.jpg
夢?

はぁ・・・マッサージチェアですか・・・いいなー
これは、畑先生がアニメ化がいまだに信じられない、ということなのかな?・・・違うか。
あぁ、夢じゃない。

長旅で疲れたのか・・・
ずいぶんと恥ずかしい夢を見た気がしますわ・・・


何か違和感があるんですが・・・
「長旅で疲れたのでしょうか・・・」
の方がマリアさんっぽいんですけどね。

どうも今週のマリアさんが畑先生自身を表しているような気がしてならないんですが。
アニメ化・カラーのラッシュ・その他諸々でかなり忙しいそうですし。
もしかすると、ですが。

長旅で疲れた
 →アニメ化に伴う諸作業で疲れた

アニメ化と書かれたタオルがマリアさんを隠している
 →アニメ化がない方が良かったのに・・・

とか思ってたりして。自分のマンガが売れること以上の喜びは無いと思うのでそれはないと思うんですが。

で、もちろん恥ずかしい夢というのは見開きのことなんだと思いますが、もしかすると・・・いえ、何でもありませんよ?

2007_03_28_3.jpg
・・・イイ。

さて、まだ本編5ページ目にしてそろそろこの記事の終わりに近づいてきたのですが・・・このコマがかなり好きなんですよ。
何も言っていないからこそイイ。マリアさんだからこそイイ。

で、

いやな予感・・・
何か・・・悪いことが起きなければよいのですが。

さすがマリアさんとしか言いようがありません。
伊澄とは違って能力を高次元でキープしています。いつでも使えます。以後夜道には気を付けます。

よし、そろそろマジメに感想を書こうと思います。
やっぱりマヤの宇宙船は鷺ノ宮家にありました。まぁ先週の時点でわかっていたことなのですが・・・。もう既に宇宙船に看板が取り付けられているのですが、設計的には問題ないのかな?多分穴があいていると思うので、宇宙に出る時の摩擦で燃えてしまったりしないですかね?
マヤを鷺ノ宮家まで誘導したナギは、先週銀華おばあさまとの約束を思い出して鷺ノ宮家の別荘?に来たハヤテを見てしまいます。
で、このマンガに多用される「勘違い」が発動して、ナギはジェラシー・・・間違えた間違えた。ダークモードに入ったナギは真偽を確かめるためにハヤテの捜索を開始する。
そんな中ハヤテは伊澄と・・・その・・・血の話をするわけですよ。
それから転じて昔の話へ。
どうやらナギと伊澄の幼少時代のようです。
最初の出会い、8年前の1月ということが新たにわかりましたが、その後についても書かれていました。
その2ヶ月後ナギは笑わなくなってしまったらしい。というのもちょうどこの時期に母(両親?)の死があったからですね。
それで伊澄はもう一度笑顔を見たくて、せめて母の声だけでも!とマジックパワーを使いますが、幼い伊澄は成功せず逆に暗いところを苦手にさせてしまいます。
多分、真っ暗な中に何か変な声を聞こえさせてしまったのでしょう。
この後は伊澄とハヤテのドタバタコメディー(?)、そして虎鉄のマイワールドといくわけですが、ナギの目に虎鉄とハヤテがいちゃいちゃしてるように見えたせいか、
「そいつと仲良くやってろ」などと言い残して、宇宙に旅立ってしまう(しまいかける)ことになるわけですが。

えーと・・・ちょっとマリアさんのおかげでかなり力をつぎ込んでしまったのでこれくらいにしておきます。
明日もうちょっと書ければなぁ、とは思いますが。


今週の記事をまとめているので、よろしければどうぞ。

ハヤテのごとく! 121話 さよなら人類(私だけ) 感想一覧

明日はもうちょっと普通にがんばります。(FC2ブログランキング)


トラックバック先

ヒナギク様をみてるっ!?

明日はきっと。

星の海へ行こう!

Moon of Samurai

静夜詩

萌えを得たオタのごとく!2

tanabeebanatの日記

K-Note

ひぐらしの暁S.H

福音を告げる場所
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。