--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ: | カテゴリ:スポンサー広告 |
2007.04.29

ハヤテのごとく! アニメ第5話 「不用意なボケがと優しさが不幸を呼ぶ」

注目点はED!!!

髪を下ろしたマリアさーん!



最近こんな事ばっかり言っているような気がしてなりませんw

二度寝
こんなさわやかな朝はなんと言っても。
その気持ちよくわかるよ。俗に言う「春眠暁を覚えず」ってヤツですよね。
寝る子は育つのです。まぁナギが育つかどうかは別問題。いろいろと大きくなってしまうと、アイデンティティーの崩壊じゃないのかな?

咲夜
登場に関しては原作とほとんど一緒。声は・・・まだ馴染みませんね。
問題は・・・絵柄ですかね・・・さすがにその絵柄はない。原作の絵柄はかなりかわいいんですが・・・(当然マリアさん未満
・・・ツンデレ

咲夜の執事
巻田・国枝の二人なんですが、これはアタリのような気がします。
登場と退散の時の動作とか、逆刃刀で斬りつけたあとの「チッ」とか。さすがアニメ。

ゲッ○
そういえばダンディーどこ行ったんだろう・・・消えたな・・・一発屋・・・
ツッコミのタイミングがさすがだと思ったのですが、吹いたwww

血祭りわっしょい
ちょwいきなり!?
伊澄って初めて喋ったのが「血祭りわっしょい」なワケでしょうか!?

そば屋さんがサンタさん
さすが黒サンタさん。世間一般でのサンタはプレゼントという幸せを運ぶ人。だがしかーし(若本風に)そんな童話のような人物は存在しないのである・・・orz
ようするに、「少年の夢をぶちこわしながら、少年たちに不幸せを運び続ける、いわば悪魔」がサンタなのですよ。
そう考えれば、そば屋さんがサンタの人の方が都合がよいような気がしてくるのです。ベタな方法であっても、少年の未来をつぶそうとする、そういうキャラクターがサンタなんだと思えますねw

伊澄
原作よりもかわいくなってるような気も。もしかして、
原作(伊澄+咲夜)=アニメ(伊澄+咲夜)
だったりして。
登場シーンあれだったとして、お札の読みなど読み始めた頃にかなりツボにはまったコマが結構あってよかったです。
「あぁこんなのがあったな」と思うシーンが多かった。
さて、どのくらい伊澄ファンが増えるのだろうか・・・

■マリアさん in Animation.
多分メイン記事。

久し振りに思ったのですが、マリアさんって読心術が使えたんですよね。
だからハヤテにいろいろと指示を出せる。
いやまぁネタでしたけど。

いつぞやの設定にあったように、マリアさんの身の回りには基本ボケキャラ天然キャラが多いためにツッコミ役にまわっている、のです。マリアさんは常識人ですしね。という割には現代的な知識は欠落しているけれども。
その結果、自然と補足・説明をしなければならなくなってしまっているわけで・・・ようするに「マリアさんをもっと目立たせてくれ!」

EDをよく見てみると、マリアさんが髪を下ろした状態で、窓の外を見つめるシーン。
美しすぎるよ!

うーん・・・どこをみてるのかな・・・やっぱり月だろうか。

画像が使いたくてしょうがない。でも作り方がわからない。

マリアさんに愛と出番を!(FC2ブログランキング)


トラックバック先

tanabeebanatの日記
ゲームの戯言+α
ヒナギク様をみてるっ!?
ラピスラズリに願いを
おちゃつのちょっとマイルドなblog
MAGI☆の日記
シバッチの世間話
■■テラニム日記2■■
SERA@らくblog
colorless無色の日記
サクラ咲く夜に
TipGatherEngine
麒麟の未来日記
Moment Dream
だってアニメが好きだから
アニオタライフ
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
いろいろなジャンルの日記
ネギズ
明日はきっと。
日頃CALAMITY
アキバ系無法地帯
紅蓮の煌き
King Of ヘタレ日記
木下クラブlog
礎 ishizue-
Moon of Samrai
アニメ探索小隊
ルル色模様
アニメって本当に面白いですね
福音を告げる場所
物書きチャリダー日記
月の砂漠のあしあと
静夜詩
ガチンコガチコ
腐麗蝶の柩~全力でオレンジ卿とCC万歳!コードギアス 反乱のルルーシュファンサイト~
Sweetパラダイス
初音島情報局
Hiroy's Blog
Infinity Life
蒼い日記
スポンサーサイト
2007.04.29

勝ちたい気持ち、ついてこない身体。 - P2!

P2! STEP30 はじめてのがっしゅくの感想。


感想

結局薫さんが提案した練習案は取り入れず遊部の作った練習で合宿がスタートするわけで、ヒロムやら遊部やらは心に何か疑問のようなものを生じながらのスタートになるわけでした。ヒロムはやる気のない薫さんに岩熊さんまでバカにされた事もあり、遊部は推測になりますが、薫さんが言っていることの筋が通っていることをある程度理解していて、その上で、それに従ってしまったら王華に勝てる実力がつかないだろう事をしっかり理解しているように思えます。実際遊部はかなり頭が回るはずなので、多分自分の組んだ練習メニューが過酷だと言うことを感じ取ったのでしょう。

そんな中山雀は心動じず、自分たちのやり方を通す、と練習に精を出す。そのおかげか、普段よりも調子の良い山雀。

1日目が終了し、部員の状況は、というともう既にボロボロ

2日目の朝、練習の合間の休憩でものの見事にへばっている部員たち。でも遊部が「こんなんじゃ王華には勝てない」などといい練習させる。
2日目の練習も終わり、教える側の遊部と川末は二人で練習を開始する。(1日目も)

しかし2日目の夜が明け、3日目の朝になると多くの部員が疲労によりダウン。植芝が肉離れの初期症状(?)で足をおさえますが、そこにいあわせた薫さんが、鍼灸の技術を持って痛みを抑えます。整体じゃなかったのか・・・
2007_04_29_2.jpg

ツッコミかたが微妙すぎwww笑ってしまったのは言わずもがな。

やっと山雀に指摘され、遊部も一日休むことに同意。しかし反乱因子が・・・違った・・・「練習したい」というのが約1名。名前がヒで始まって、女の子っぽい容姿をしていて、背が低くて・・・まぁようするにヒロムですよ、ヒロム。


今週の乙女ちゃん

部員たちが疲れてへばっているところをみて少々笑顔。
2007_04_29_1.jpg
イイ笑顔だな。

3日目にヒロムが死にそうだった時は心配しています。
2007_04_29_3.jpg
ちょwもうお母さんと息子みたい(汗

うーやっぱりデフォルメはイイ。


精神面はヒロムが一番強かったりして。(FC2ブログランキング)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。