--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ: | カテゴリ:スポンサー広告 |
2007.05.04

ファンが増えました。

ふるぱ-しゃるの秋月らせんさんとニコさんです。

・・やっと。
スポンサーサイト
テーマ: | カテゴリ:その他 | CM:(2) | TB:(0) |
2007.05.04

White&Pure Part1

GWということでちょっとがんばってみようかなと思いまして。

もちろんマリアさんについてです。

事の発端は明日はきっと。ゴールデンウィーク企画!マリアさんは白いのか黒いのかアンケート!!という記事。かなり大反響を呼んでいますが・・・ちなみに私は白に投票しましたよ?当然です。マリアさんは白いんです。いくつ記事を書くかはわかりません。


ちなみにPart1は・・・微妙かも知れません。他の白擁護派の方々も書いてると思うので。

最初の最初に、

2007_05_03_1.jpg
1巻第2話のマリアさんがハヤテにマフラーを渡すシーン。
少なくともこれは語る必要はないと思いますが、ちなみにこのシーンは2004年の12月24日の夜。実際に東京の気温は5~6度、いくら暖かくても10度ほどにしかならない状態で、いくら自転車をこいでいたとはいえ、ついさっきまで熱気のこもったパーティー会場にいたマリアさんにとってマフラーを外し、自転車をこぐことは相当きついものなのではないかと推測できます。しかも、マリアさんはそのマフラーの見返りを求めようとはしていません。
自分のことを省みずに他人に無償の愛を与える。黒の要素がどこにありますでしょうか?


と、これが一つ目。
次、

2007_05_03_2.jpg
これは1巻第3話のハヤテとマリアさんの混浴事故のシーンですが。普通に読んでいればごく普通の会話なんです。そこは確かでしょう。でも、このシチュエーションをよく噛み砕いて考えてみて下さい。
女性の方はそのまま、男性の方は女性になった気分でお聞き下さい。
もしこのように混浴ではない露天風呂で異性と会ってしまった時、あなたは相手への心遣いができますでしょうか?一ついっておくなら、私は無理です。多分すぐに逃げ出すと思います。いくらハヤテのことをある程度知っているとはいえ会って1日と経っていないわけです。そんな状況であっても相手への気遣いをおろそかにしない。それがマリアさんなのです。


次でPart1は最後。

2007_05_03_3.jpg
これは2巻第3話のハヤテが、お金を持たずにナギと九十九里浜まで初日の出を見に行ったはいいが、コーヒーが買えないという時に、マリアさんが財布を持ってきて、渡してそのあとに新年の挨拶をする場面。
柄からしてその財布はハヤテのものであるはずがないわけで、マリアさんの財布に三千院家のお金を入れて渡したと推測、多分ですが、三千院家には財布がないのかも知れなくて、だからマリアさんが自分の財布にお金を入れて渡した、というのが考えられるのですがまぁそこは不確実です。しかしながら、法廷速度ギリギリで走る自転車に追いつくためにいろいろと力を使ったのは事実。
ちなみにマリアさんはハヤテとナギがいなくなった時何か月刊誌を読んでいました。ということは自分の時間を多少でも削ってきているということともとれます。優しいじゃないですか。白いじゃないですか。


はい、とりあえずPart1はこのくらい。明日明後日でどのくらい書けるかな・・・


マリアさんに愛を!(FC2ブログランキング)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。