--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.31

ジャンプ 09号  メイン:ワンピース

■ワンピース 第441話:魔の海の冒険

食物連鎖なんて気にしていないルフィに、気付いてないか、あえてつっこまないでいるのかわからないウソップが、何の抵抗も無しにいけすにをぶち込む場面は笑えた。

そんな感じで普通(?)だが、そこに流れ着くもの1つ。
それは「海神御宝前」と書かれた樽。
普通の「海神御宝前」と書かれた樽なら中には酒や保存食などが入っているはずだったが、あけてみると、中身は発光弾

発光弾はのろしのような役目をすることもあり、危険を伴っていたが、そんな折にナミは気圧の変化を読みとり大嵐の気配を察知し、針路を変えるがそれでも大嵐に捕まってしまう。

風の影響もありなかなか進まないので、サウザンドサニー号についている「ソルジャードックシステム」を使って、やっとの思いで大嵐の直撃を回避する。

その急激な移動により、サウザンドサニー号は魔の三角地帯に突入してしまったよう。
そしてそのあとすぐ、ゴースト船と見られる船と遭遇する。

それに乗っていたのは「紳士なガイコツ」ブルック。

ルフィのいきなりの仲間になれ宣言。

そんな話。

魔の三角地帯は、「バミューダトライアングル」が元ですかね?

ブルックのキャラもなかなか面白い。
ガイコツにかけたシャレも爆笑とまではいかないものの、じわりじわりと笑いがこみ上げてくるような?
しかも蹴り倒されても紅茶をこぼさないところが、相当笑えた。
なんかジェントルマンって感じでした。


1.gif
↑来週が楽しみです。


トラックバック先


ONE PIECE研究ページ

-Ma- *私的メモ*


↓からの他のマンガ(リボーン・エムゼロ・アイシールド)感想


リボーン


XANXUSの言動からすると、XANXUSも零地点突破が出来るのかも。
XANXUSにはいくらでも能力がありそうで恐い・・・。

しかし、ツナも攻撃をくらっていくにつれて零地点突破を強くしていくので、なかなか飽きない。
面白いですね。


エムゼロ


魔法が使えなくても、ルーシーの力と頭を使えばある程度のことが出来るというわけですか。
こういう頭脳戦は楽しいです。
ルーシー大活躍ですね。


アイシールド


コレはやはりセナが4秒0の刹那の世界に・・・
コレじゃあもう進は怪物ですね。
セナが勝つには、もう1ランク上の世界にいくしかないんじゃないかな?
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://absorption.blog76.fc2.com/tb.php/114-74adca25
この記事へのトラックバック
週刊少年ジャンプ 2007 9号 発売日 2006年1月29日ジュンプに掲載されている順番 2番目タイトル 第442話 ”魔の海の冒険”トビラ絵連載 エネルのスペース大作戦Vol.12「不届き者に神の裁き
ONE PIECE(第442話) | ONE PIECE研究ページ at 2007.02.01 09:18
09号は銀魂巻頭でしたねー。空知遅筆らしいのにこんなにカラー書かせるなんて・・・ということでWJ09号感想です。銀魂/空知英秋[第百五十訓 2度あることは3度ある]なんだこの背景は(’いつも白いのに今回
WJ09号 -感想- | -Ma- *私的メモ* at 2007.02.01 21:48
この記事へのコメント
コメント、トラックバックありがとうございます。

>ブルックのキャラもなかなか面白い。
ブルックのノリは結構良かったです。
いきなり仲間入り?という状況なりましたが、
この後のどんな展開になるのか楽しみです。
Posted by ワンピース研究家 at 2007.02.01 09:10 | 編集
ホントに倒れても紅茶をこぼさないところに笑ってしまいました。
そうですね、このあとどうなるか気になりますね。

コメントありがとうございました。
Posted by シャニ at 2007.02.01 23:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。