--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.08

ゼロの使い魔 (1)~(5)まとめてレビュー。

□目次□

1巻

2巻

3巻

4巻

5巻




1巻

ゼロの使い魔 ゼロの使い魔
ヤマグチ ノボル (2004/06)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


あらすじ

「あんた誰?」―才人が目を覚ますと、可愛い女の子が才人を覗きこんでいた。見回すとあたりは見知らぬ場所で、魔法使いみたいな格好をしたやつらが、才人と女の子を取り囲んでいた。その女の子・ルイズが才人を使い魔として別の世界へ「召喚」したらしい。訳がわからず面くらう才人に、ルイズは契約だと言って、いきなりキスしてきた。俺のファーストキス!と怒る間もなく、手の甲にヘンな文字が浮かび、才人は使い魔にされてしまう。仕方なく、ルイズとともに暮らしながら、元の世界に戻る方法を探すことにした才人だが…。才人の使い魔生活コメディ。
(アマゾンよりコピペ)

レビューというか感想

ツンデレだね、うん。
やっぱり僕はツンよりデレの方が好きだ!(それがどうした)

デレは良いよ・・・。




2巻 風のアルビオン

ゼロの使い魔(2) 風のアルビオン ゼロの使い魔(2) 風のアルビオン
ヤマグチ ノボル (2004/09/25)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


あらすじ

パーティでルイズと近づけた気がした才人だが、ルイズは相変わらず才人を下僕扱い。納得いかない才人は、ルイズとケンカばかりしていた。そんなある日、トリステインの王女アンリエッタが、フーケを捕らえたルイズたちの力を見込んで頼みごとを持ちかけてきた。隣国アルビオンの皇太子から、手紙を返してもらってほしいという。その手紙は決して他人に見られてはならないものらしい。引き受けた才人たちは、護衛のワルド子爵とともに出かけることに。このワルド、なんとルイズの婚約者で、ルイズの満更でもない様子が才人は気に食わない。ワルドに惚れたキュルケやタバサも加わって、旅が始まるが―!?大人気の使い魔コメディ第2弾。
(アマゾンよりコピペ)

レビューというか感想

何かと才人がキスをする話だったり・・・
もう、皇女様にまでキスしてしまうぐらい・・・

才人に恋敵登場かと思ったら最後にはいなくなってしまいました。
寝てる(と思っていた)時にキスするなんて///
なんかもう心が苦しいです。
胸きゅん?(古)




3巻 始祖の祈祷書

ゼロの使い魔〈3〉始祖の祈祷書 ゼロの使い魔〈3〉始祖の祈祷書
ヤマグチ ノボル (2004/12)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


あらすじ

異世界・ハルケギニアに使い魔として「召喚」されてしまった才人。可愛いけれど魔法の才能はゼロのご主人様・ルイズとともに、アンリエッタ王女から頼まれた任務を無事果たした。ルイズは自分を守るために戦ってくれた才人を意識しはじめ、着替えや洗濯を自分でやったりして、ちょっぴり優しく接するようになる。だが、才人は急に変わったルイズの態度に「嫌われて警戒されてる…」と勘違いして卑屈になってしまい、全然かみ合わない毎日が続いていた。そんな折、ルイズはアンリエッタの結婚式の巫女役を仰せつかる。巫女は『始祖の祈祷書』を持って詔をとなえるのが役目で、ルイズは学院長から『始祖の祈祷書』を預かるが…。

レビューというか感想

ルイズが伝説ゼロの担い手であることがわかった3巻。

ツンデレ・・・いや、デレってイイね!

うーん、グッデレ(GOOD DERE)!!何だそれ?

シエスタとの混浴とかあって、お色気分も十分な一冊かな。

グッデレ!




4巻 誓約の水精霊

ゼロの使い魔〈4〉誓約の水精霊 ゼロの使い魔〈4〉誓約の水精霊
ヤマグチ ノボル (2005/03)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


あらすじ

異世界ハルケギニアに使い魔として「召喚」された才人は、相変わらずご主人様であるルイズに犬扱いされていた。ある日、ルイズは敵軍を撃退した件で、王女アンリエッタに呼び出される。ルイズが伝説の『虚無』の使い手として知れ渡り、敵に狙われることがないよう、心を砕いてくれる王女。そんな彼女に改めて忠誠を誓うルイズと、ルイズを助けることを約束させられる才人。だが、全てがうまく収まったように見える裏で、アンリエッタは好きだった亡きウェールズ王子を想って沈んでいた。そんな彼女の心につけいるように、敵軍レコン・キスタの策略が動きはじめ…異世界を舞台にしたラブ&ドラマティックストーリー、第4弾。

レビューというか感想

前半は短編集気味で、後半はアンリエッタとウェールズの一冊。

ホントにアンリエッタとウェールズの別れは泣けました。
まぁ、僕はかなり涙もろいのですが。
もしかしたら、学校で一番涙もろいかもってくらい(汗

前半は「惚れ薬」のせいで積極的になったルイズがありましたが、どうも好きになれません。

このラノベにはまったのは、ここら辺からだと思います。




5巻 トリスタニアの休日

ゼロの使い魔 (5) トリスタニアの休日 ゼロの使い魔 (5) トリスタニアの休日
ヤマグチ ノボル (2005/07/22)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る


あらすじ

才人はある日突然異世界ハルケギニアに『召還』されてしまった高校生。元の世界に戻る方法を探しつつ、美少女魔法使い・ルイズのもとで使い魔として暮らしている。顔は可愛くても高飛車で意地っ張りなルイズとは、いつからかお互いを意識するようになったものの、すれ違ってばかり。そんな状態で迎えた夏休み、アンリエッタ女王に町の偵察を頼まれた才人とルイズは、下町の酒場で住み込みのアルバイトをはじめる。ルイズはプライドの高さから客を怒らせてばかりだが、店では客からもらうチップを競う「チップレース」が行われることに…(第一話)。今回は夏休みを舞台にした短編集。大人気のキュルケ&タバサの出会い編も収録。

レビューというか感想

アンリエッタ×サイトも悪くないと思った一冊。

成り行きとは言え、積極的なアンリエッタが・・・こう、大人の魅力?わからないけど、とてもイイ!

そのせいでルイズの機嫌が悪くなってしまいましたが・・・ツンですね。



うーん、感想が短いのは気にしないでくださいね。
あとは、5~9巻をまとめてレビューして、そのあと10巻をレビューします。
いつになるかはわかりませんけどね(汗

では、

グッデレ!

1.gif
↑やはり手抜きかっっ(汗
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://absorption.blog76.fc2.com/tb.php/119-a778d385
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。