--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.10.07

流行に乗り遅れた少年Y

あ、なんか本名ばれそうなタイトルですね(ないない
ちまた(ハヤテファン…いやヒナギクファン)ではひな祭り(祭り)に大騒ぎですね。
でも大騒ぎになるのは当然でしょ。
どーせならキスぐらいしたら俺がめっちゃ悶えてたのに(ぇ
特集したいですよもちろん。ええしたいに決まってるじゃないですか。
でもサンデーに乗り換えないといけないからすぐには…ムリかな…
うーんでもそうするしかないよなぁ…
あーもう自虐的になってきたぁ!!!(テンションUP↑↑)
 でもとりあえず特集しときます。


ひな祭り(ヒナ祭り)


 第93話 恋のマジカルハヤテ、ルンルン


とりあえずはじめの方から、咲夜の攻めが…。
一応ラブ要員なんですよね???咲夜は。コメディー色が強いですね。結構ファンいると思いますよ???少なくとも俺は結構好きなんですけど。(とりあえずヒロインはみんな好きですけど。ランキングみたいなの作りますかね。投票と。)


しかもその後で、ジャンプの某「神」マンガネタですね。
やってくれます。
「ぐおおおお」ですよ。


でハヤテは、というと…久しぶりの女装です。
ハーマイオニーです。
神業的なまでに似合っていますが…一部にコアなファンを獲得しているハーマイオニーです。ただそれだけです。


そしてそしてハヤテVSヒナギクのルートが提示。これが…(自粛


またそして虎鉄参上。名字が気になる。木に成る(成りません


そんなこんなで94話へ


 第94話 ユニオンテオーペの長老曰く"愛と憎しみは同じもの"


さらに咲夜がプッシュされてる。ハッピーです。

ウチがかわいいから
ウチが可愛いからおまけ。


ホント可愛いです。ワタルと変わりたい。


前者はほっといて虎鉄→ハーマイオニーのベクトルは確認。いいんちょさんグッジョブ。


そして今回はヒナ×ナギ。日本の祭り初体験って…。
そして安いという30万程度のブ○ガリの時計をプレゼント。金銭感覚の差は埋められない。ああ無情。
そしてヒナギクの満面の笑み。やられます。いややられました。


で、ナギは本邦何回目ですかね…とりあえず誘拐されました。
これからナギ奪回戦です。


 第95話 残酷な大馬鹿野郎のテーゼ


ナギ→虎鉄…変な奴
とりあえず(これ使うの何回目だか…)、基本ですというかふつうの人からすればこれは当てはまるんじゃないでしょうか?
まぁ美形ですけど。


マリアさんの黒(?)も判明しました。
もちろんブラックではなくてダークですけど。
発信機つけるなんてひどいですよマリアさん。
まぁマリアさんだから許しますけど(むちゃくちゃマリアさんファンですから)


なぜそんなところにヒナギクが?とは言いませんが(言ってます
でも可愛い。
それからずっと赤面
でも可愛い(しつこい
それでも最後まで歌いきる
やっぱりかわ(やっぱりしつこい
やっぱりそんなこんなで96話へ


 第96話 天上天下唯我独占


あれヒナ母むちゃくちゃ若くなってない?と思いになられた方はハヤテファンの9割以上。
なんでも作者談ですが最初に老けて書きすぎてどんどん若くしたそうで。
でも美人ですね。おもしろいキャラですし。


ナギはハヤテがらみだとパワーアップするのでしょうか?
道力0.01のナギが執事の虎鉄を殴ってあんなに迫力がでるはずがありません。よね?


とりあえず(あ、また使ってしまった)ナギの問題発言…ハヤテはなぁ!!心も体も…はほっといて。
11時半すぎに(ヒナはすやすや。)時計台に到着。
健気に待ってるヒナに萌え
そーして次へ


 第97話 MIND EDUCATION


話題沸騰中のクッション。とりあえ…むちゃくちゃ変わってほしいです。
素直な気持ちを放出するヒナギク。
普段見せない弱みそれをさらけ出し、そして泣く。
そんなヒナギクに胸キュンです。


簡単な言葉でまとめてしまったので短くなってしまいましたが。
いや短い中にも感動が…(俺の語彙じゃムリですね。
そんなこんなでクライマックスへ。


 第98話 THE HEADY FEELING OF FREEDOM


ちょっとさかのぼったところから。
マリアさんの本意は???というクエスチョンマークが三つくらい並んでいる気になりますが。

ヒナギクさんみたいな才色兼備のスーパー美少女がハヤテ君のことを好きになるなんて…そんな非科学的なことありえませんわ


いろいろ裏があるこの言葉ですがもちろん。いろいろ考えられる説としては。


・本当にあり得ないと思っている。
・マリアさん→ハヤテ、というベクトルも考えられるのでハヤテ→ヒナギクをなくそうとしている?


自分が思いつくのはこれくらいでしょうか。
後者はあくまでもほとんどを妄想で書いておりますが。
ほかのサイト様ではほかの解釈をされているところもあるかと思います。個人的には後者かなぁと思っています。
マリアさん×ハヤテであってほしいと思います。
そしてヒナ祭りもクライマックスへ。


ハヤテに本音を言ってしまったヒナギクは、心の中で

いっそ…殺してぇ~…


とまで言っています。


abso4.jpg



乙女チックと言われて…ほめ言葉でしょうに…まぁヒナギクですからね。
仕方なく?話題を変え、プレゼントの話へ。
ブルガリを読めない…ヒナギクらしくないですね。
もしかして緊張してた?ハヤテの前だし。
BVLGARIの読み方を才色兼備のヒナギクが知らなかったとも思えませんし。
女の子ですねぇ~


abso5.jpg



さてさてハヤテは手作りクッキーをプレゼントします。
それにまつわる思い出話を乗せて。
それにつられてヒナギクも誕生日の話と過去の話をする。
そしてそして、ハヤテはヒナギクを無理矢理テラスへ連れて行く。
過去にとらわれずイマを生きる。
そうしてヒナギクはハヤテのことを好きだと言うことを自覚する。
そうして3月3日の夜は更ける。


abso6.jpg



1.gif

↑とりあえずクリックお願いします。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://absorption.blog76.fc2.com/tb.php/12-77fca4cd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。