--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.03.11

P2!-let's Play Pingpong!- Stage1 レビュー

P2!-let’s Play Pingpong! 1 (1) P2!-let’s Play Pingpong! 1 (1)
江尻 立真 (2007/03/02)
集英社

この商品の詳細を見る



少々遅くなりましたが、レビューします。

一応あらすじ・・・

運動音痴の藍川ヒロムは、これを打破する為、中学進学を機に運動部への入部を決意するが、全滅。そんな時、最後に辿り着いた卓球部で、ヒロムは自らの才能の片鱗を見せ始め!? ヒロムの成長物語、第1巻登場!!




はっきり言ってかなり面白いです。
僕は始めの2・3話ではまりました。
もともとスポーツ系のマンガは好きだという事もありますが、それにしてもここまではまったのはハヤテ以来ですね。
ぷらずまだっしゅ!のカーム様もおっしゃってますが、

乙女ちゃんのキャラがど真ん中ストライク。
ちょっと小悪魔的なキャラで、ヒロムとのやり取りが微笑ましいです。


そうなんですよね、前半はかなり乙女ちゃんパワーで押していた雰囲気があるんです。
特にSTEP2では、乙女に始まり乙女に終わると言うような状態でもありましたし(まぁ終わりは微妙ですが。)。しかもコミックスでは、STEP2とSTEP3の間におまけで乙女卓球講座第2回があったりもして。

1巻は乙女ちゃんの時代です。

ってことで、2巻はアキラの時代ですよ!
アキラ祭りの始まりがSTEP12
この巻に収録されているのがSTEP1~STEP7で、STEP1は長いという事も考慮に入れて2巻ではSTEP15まで入ると予測しましょう。
なんにしても、入るはずです。

STEP12・13で、このマンガを支えるメインヒロインは乙女ちゃんからアキラに移行したわけですが、まぁ、それはまた話すとします。もしかするとすぐに話す事になるかも知れませんが。

こうやっていると乙女ちゃんとアキラがかわいいから面白いのか?と言われてしまうのかも知れません。
でも、このマンガの面白さはシナリオだと思います。

これは後で。

さて、全体はこのくらいにしておきます。
感想に入りましょう。

STEP1 Let's play pingpong?

・・・文法的に間違ってますが?江尻先生?Let's ~ の文は、肯定文ですから"?"は付きませんよ?
ああ、あれですね、口語的な表現ですよね?もちろんそうですよね!?
まぁ、そんな事はどうでも良いんです。

ありとあらゆるマンガの1話目というのは、伝説の始まりなんですよ。
最終話までに起こりうる何かしらの伝説の原点がそこにあるはずなのですよ。
これ抜きではこのマンガは語れないはずなんですよ。

・・・と言う事でしっかり感想書きます。

ちょうどこのブログを初めて、感想を書き始めたのがP2!が始まった時期だったんですよね。
その時は、そこまでの高評価を下していなかったような気がします。
でもまぁ続いて欲しいな、ってくらいだったはずなんですよ。
読み返してみたら、STEP1の時点でもそう悪くない評価なんですよね。STEP3の時点では、

まだまだおもしろいですね。
どんどんがんばれ

って書いてますし。
ところで、まだまだってなんだろう・・・

とーにーかーく!

今もう一度STEP1から読み返してみたら、へぇーと思える事が多いんですよ。
遊部の

ほなら あの子にそれだけの何かがあったっちゅうことや

と言うのもちゃんとした意味があったんだなーとかね。

なんだかんだ言っても、少なくとも今のところ出ているSTEP22までは、ほぼ確実に綿密に作られた江尻先生のシナリオ通りなんだと思います。

それが一番大きいかな。

登場人物それぞれの一言一言が一つ一つ深い意味を持っているんですから、それは面白いはずです。

tanabeebanatの日記のtanabeebanat様が語るハヤテのごとく!に隠された意味なんかが書いてある記事を読んで、だからハヤテにはまったのか、と思ったように、このマンガにはまった理由がわかったような気がしたStage1だったように思えます。

tanabeebanat様のように上手くは書けないような気もしますが、同じような事をP2!について書いてみようかと思います。いつか。

1コマだけ、
2007_03_11_1.jpg

とてもかわいいです。

各所大手サイトでもかなり取り上げられていますね。掲載順が嘘のよう。みんな投票しよう!(FC2ブログランキング)

トラックバック先

ぷらずまだっしゅ!

-Ma- *私的メモ*
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://absorption.blog76.fc2.com/tb.php/145-1b3a330b
この記事へのトラックバック
P2!-let’s Play Pingpong! 1 (1)江尻 立真 (2007/03/02)集英社この商品の詳細を見る超運動音痴の藍川ヒロムは、これを打破する為、中学進学を機に運動部への入部を決意するが、全滅。そんな時、最後に辿り着いた卓球部
P2!-let's Play Pingpong- 1巻 -感想- [卓球にまぐれはない] | -Ma- *私的メモ* at 2007.03.11 20:29
この記事へのコメント
TBありがとうございマース。

自分が1つのマンガにここまではまったのは~・・・ハヤテ以来ですね(被った

ちなみにハヤテの前はハンタでしたね。
随分方向転換が激しいなぁ・・・とか自分でも思いつつ1巻楽しく読みました。

単行本で読むと今までちりばめられていた伏線などがわかりやすくていいですよね。

2巻はアキラの時代ですか。
・・・はやく読みたい・・・
Posted by March at 2007.03.11 20:33 | 編集
March様

>ちなみにハヤテの前はハンタでしたね。
僕は・・・ミスフルだったような気がします。多分(汗

見返してみると・・・ってヤツですね。
コメント、TBありがとうございます。
Posted by シャニ at 2007.03.11 20:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。