--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.03.12

ヒロム ver.2.01

P2! STEP23 パラダイム・シフト(前編)の感想です。

ヒロム ver.1.0
・・・卓球部に入った時。
ヒロム ver.1.01
・・・大谷卓球センターでサーブを習得(パッチ)
ヒロム ver.1.02
・・・新入生歓迎会でサーブ能力強化(パッチ)
ヒロム ver.2.0
・・・アキラの提案でフォーム変更(?)(バージョンアップ)
ヒロム ver.2.01
・・・今週・サーブのフォーム修正(パッチ)

と。
主なヒロムの進化の変遷ですか?
概要
いつか才能ギフトに巡り会う

この表現で始まり、この表現で終わりました。

ちっちゃかわいい光樹ヒロムの試合が始まります。
試合の流れが全くわからなく、試合前のラリーを本気で叩いてしまったりもしますが、光樹のパラダイムその読みを完璧に外し、リターンエース(っていうのかどうかは知らないけども)を取った。


今週の相馬Girls

2007_03_12_1.jpg

木之下さんヒロム×光樹に卒倒(汗
こうやって書くと、何か同○誌的な
イメージが沸くかも知れませんが全くもって関係ありません。

そして右上。
乙女ちゃんじゃないですか?
ちっちゃいですが。
そして木之下さんの上。
S!!O!!M!!A!!のA!!の子じゃないですか?
この二人・・両方木之下さんの方に目を向けていないと言う(汗
まぁ、あれですよね。
乙女ちゃん→ヒロム
A!!の子→光樹

目を取られているんですね。

超運動音痴のヒロムが、王華キャプテン光樹から点を取る・・・週刊少年ヒロムの一大人気記事となる事でしょう・・・。


今週の乙女ちゃん

上をご覧ください


今週のアキラ

実は今、アキラ最強説が発生しております。(僕の中で)
川末(兄)でも多分見切れていないのではないかというサーブで、遠くにある観客席からしっかり見えていると言います。
何それ(汗
実際ましろんは見切っていると思いますがね?
ましろんも3回フェイクを入れられるぐらいですから。
多分完璧に見切っていたのは、ヒロムアキラ眞白遊部(この人なんだかんだ言ってもすごいと思う。)・岩熊(見れないとおかしい)・鰐淵(戦力的に)ぐらいだと思います。
川末(兄)は言動的に見えてないような気がします。

それはそうと、光樹の放った3回フェイクを入れて最終的に左回転のサーブ(光樹の言動からすると、かなり返すのが難しいもの)をアキラも打っているわけだから、技術は光樹≒アキラだと。
サーブを見切ったのだから動体視力はヒロム≒アキラだと。まぁそれでもヒロム>アキラですが。

あれ?アキラ強いんじゃね?

と言う経緯なのです。

まぁさすがにそんな事はないと思うんですけどね(汗


感想

試合後の描写からすると結局ヒロムは負けたようですが、それにしても1点取るとは。いや、それはまぁ、ヒロムが点を取らないと漫画にならないんですが
先週に引き続いて今週も面白かったです。
1回目に読んだ時は心臓がどうにかなるかと思ったほど(汗
ラリーで本気で返した時はちょっとひやっとしましたが。
やっぱり全部江尻先生の綿密に作られたシナリオ通りのような気がしてなりません。

アキラが強い!(FC2ブログランキング)


トラックバック先

Moon of Samurai
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://absorption.blog76.fc2.com/tb.php/147-33a341eb
この記事へのトラックバック
 ネットでは高評価が目立つ『サムライうさぎ』に続く新連載第二弾『バレーボール使い 郷田豪』。何というか、ページの端々から「アッシはうすた京介先生の元アシスタントでございますんで今後とも夜露死苦!」と主張しているような流
今週のジャンプ一コマレビュー 2007年15号 | Moon of Samurai at 2007.03.12 23:49
この記事へのコメント
自分の中でもアキラ最強説が発生しています。

あと、個人的な意見なんですけど川末兄のほうも実はスピンを見切れていたんじゃないか・・・とか思ったり(どう見てもただのキャラファンです、ごめんなさい。)
なんかあそこでどっちの回転かまで言っちゃうと、そのあとアキラ説明するときなんか味気なくなっちゃうから江尻先生がわざと・・・・・・で終わらせたんじゃないかなー・・・とか思ってました。

まぁ一般的には川末兄もわかってなかったってのが普通の見解ですかね・・・orz
Posted by March at 2007.03.14 20:13 | 編集
March様

>あと、個人的な意見なんですけど川末兄のほうも実はスピンを見切れていたんじゃないか・・・
今更いうのはなんですが、そうかも知れないとは思っていました。でもまぁ、アキラがあの人下手だからとか行っていたような気もしたので、アキラを信じてみました。

>まぁ一般的には川末兄もわかってなかったってのが普通の見解ですかね・・・orz
西沢さんほどではないですが、普通ですから(汗

コメントありがとうございます。
Posted by シャニ at 2007.03.14 21:50 | 編集
 初めての書き込みになる恭一と申します。
 P2!サーチから飛んできたのですが、見たことのあるサイトだと思っていたら、ハヤテのごとく!を検索していた時に拝見したことがありました。
 もっとも今回はP2!ファンとしてきましたが。
 
 P2!の最近の記事から拝見しましたが、ヒロムver~というのは、とてもおもしろいです。(どこかの介護ロボを思い出します)
 
 それに今週の乙女ちゃんも、言われてみると確かに乙女ちゃんらしき人物がいて、P2!の新たな楽しみが発見できました。(乙女ちゃんの場合はギャグというより、ブログのネタ集めのため本当に来ていそうで怖いです)

 それと今週のアキラに書かれた、川末先輩が相馬主将のフェイントを見切れなかったことと、アキラ最強説については色々と考えるものがあります。
 
 まず川末先輩がフェイントを見切ったかどうかですが、卓球は技術というのがモットーの川末先輩が、サーブのフェイントを見切れないとしたら、ちょっとまずいと思います。
 それにフェイントの回数は見切ってますし、あの口ぶりからすると回転方向も十分見切っていたと思います。
 あそこで言わなかったのは、前にコメントされていますがアキラの説明と相馬主将の思惑があったからだと思います。
 あと他の2年生(未だに名前がわからない細目と山雀と梟宇の3人ですが)は完全に見切れてはいなかったようなので、差別化を図るためにも、川末先輩は完全に見切っていたと思いたいです。
 
 それとアキラ最強説ですが……最強ではないかもしれませんが、おそらく十悟と張り合えるくらいの実力はあると思います。
 十悟の性格を考えると、自分より卓球が弱い人と一緒に卓球をするというのも考えにくいですし、ダブルスの時に十悟がアキラに睨まれて黙るところをみると、卓球に関して十悟はアキラの実力を同等以上だと認めているのではないかと思います。
 もっともそれにはアキラの性格も大きく影響しているとは思いますが、少なくとも十悟はアキラを認めていると思います。(逆もまた然り……でしょうが)

 長々と語りはしましたが、これは私の勝手な考えなので、何の保障もできませんが……。

 それではこの辺で失礼します。
 
 あっ、それと私はハヤテのごとく!のコミックスを全部持っていますし、サンデーも読んでいます。(ただし立ち読み派ですが)
 シャニさんのサイトはP2!だけではなく、ハヤテのごとく!もおもしろいので、今後とも期待します。
 
 それではこれで本当に終わります。
 長々と失礼しました。
Posted by 恭一 at 2007.03.17 01:02 | 編集
>恭一様

川末先輩の件ですが、言い訳のようですがほんのちょっとだけ迷ったんですよね。よく考えてみればコマの配置的にあそこで言ってしまうとページをめくる時の緊張感(?)が無くなってしまうんですよね。それに、辻巻の湊卓球クラブで幼い頃から卓球をしていたわけですし。
これは僕が間違ってたみたいです。

アキラ最強説はふと思いついて書いてしまったので自分の中でも未だ説明が難しいところがあるのですが、さすがにあの距離からフェイントを見切ったのは圧巻だなと。それが一番の理由だと思っています。何か直感的なものだったので言語化するのが難しいのですが・・・。もしかすると願望なのかも知れません。


>長々と失礼しました。
いえいえ、人の考えを読むのはかなり興味深いものなのでいつでも大歓迎ですよ。

コメントありがとうございます。
Posted by シャニ at 2007.03.17 08:56 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。