--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.04.30

焼き肉にかけた少年たちの大和 - ジャンプ 22・23号

タイトルに意味はありません。
何となーく・・・orz


さて今週のテニスの王子様焼き肉の王子様は先週からの普通に人間離れした大食い対決が続いていたわけですが・・・

多分ですが、この手のものは、つっこんだら負けなんですよ。
許斐マジックにかかっていることを承知です。
はい、もう負けてます。


六角中・青春学園・氷帝学園・比嘉中・四天宝寺中の五校で始まった学校対抗焼き肉大食いバトル

最初と十皿毎に飲まなければならない乾特製スペシャルドリンクシステム
一つ目の野菜汁で幕を開けたこの体力と胃袋力と策謀にまみれた殺し合い、もとい大食い・早食い対決ですが、肝心の焼き肉の大食いは比嘉中の田仁志 慧の焼かれた肉をトングでそのまま口に運ぶという、荒々しくも効率的で原始的な新手の必殺技、もとい食事法を駆使した大食い早食いで幕を開ける。
2007_04_30_1.jpg

何とも豪快な食べ方ではありますが、口大きいよね・・・うん。
それに対抗してなんの必殺技も使えない青学の一般人たちが食べ始めようとしたところの出鼻をくじくのは焼き肉奉行であり世界中の誰よりも肉汁を大切にする青学・大石秀一郎
2007_04_30_2.jpg
・・・おい

一方の氷帝は樺地が田仁志の必殺技をインスパイアして「ばああう!!」という奇声を発しながら「トング食い」しています。

比嘉中・氷帝学園の一歩リードの後ろにつくのは四天宝寺中
その理由はコイツ
2007_04_30_3.jpg
とりあえず一つ質問させてもらってもよろしいか?
貴様、何を思いついた!?いや何を見ているのだ!?
焼き肉を隙間なく配置した・・・そんなことをして何になるというのだ!?

というかね、一番いいたいことがあるんだよ。

白石、お前も焼き肉食べたらどうなんだ?

各々が焼き肉を口に入れている間に並べばイイだけだと思うのだけど。
で、多分一番食べてるのは金太郎なんだろうな。

そんなこんなで、比嘉中・氷帝学園が10皿完食し、2つ目のスペシャルドリンクへ。
2つ目はペナル茶
いや、そのネーミングセンスは・・・まぁ確かにぴったりかも知れないけど。

田仁志は難なく飲み干し再び焼き肉を食べ始め、氷帝は宍戸が自分を犠牲にして飲み干す。

なかなかの接戦を来る広げる中、ある人物が動き出す。
2007_04_30_4.jpg
その時 比嘉の殺し屋が動いた

うわーお・・・まぁ歴史は動かせませんでしたけどね。残念。

その動いた「比嘉の殺し屋」木手が気付かれないように向かった先は四天宝寺中のテーブル。
音も立てずに木手は沖縄の激辛の「こーれーぐーす」を大量に石田銀の焼き肉のたれにぶち込む。
それにつけて食べた銀はノックアウト。

えーと・・・それ不正行為じゃないのか?

2007_04_30_5.jpg


30分が経過し、比嘉中の一歩リード。
余裕の木手は網を変えようと提案。
気の早い甲斐がバイキングホーンでまだ肉の載っている網を吹き飛ばす。
その網に乗っていた6枚の肉が、まるでコナン君が偶然事件に出くわすかのような偶然(それは偶然ではないが)でメンバー6人の額の上に着地する。

何でかわからないけど、比嘉中脱落。
なんでだ・・・

次週に続く。

本当にこれ何のマンガなんだろうか・・・(FC2ブログランキング)


トラックバック先

Moon of Samurai
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://absorption.blog76.fc2.com/tb.php/192-d0018807
この記事へのトラックバック
 大食いイベントって食べ物に対するリスペクトがあまり感じられませんよね(挨拶) もっとも許斐先生は食べ物をオモチャにするような描写は比較的しないせいで割と安心して読んでいられます。やはり常日頃から心行くまでテ
今週のジャンプ一コマレビュー 2007年22・23合併号 | Moon of Samurai at 2007.05.01 01:14
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。