--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.07.06

WAKE UP MYSELF - DIVE!!

さて、早くも中学校選抜大会へと突入します。

ものすごく楽しそうに未羽が応援に来ます、が、ヒロ(トモの弟)の手違いで決勝の時間に到着してしまいます。
普段決勝に残らないトモのことを考えると、もしかして予選落ちかな?という疑問を払拭するように、予選一位で決勝に出場する。
二位は陵、三位はレイジ。

富士見くんの言うには上位三人が頭一つ飛び抜けている、とのこと。

さて・・・ものすごく過程が省略された上に、原作にはなかった展開(のはず)

普通に楽しめます。

一位通過したトモはというと、いまだに自分の結果が信じられていないよう。
とはいえ、決勝進出の3人はまだまだ本気じゃないわけで・・・

さて、決勝。

レイジの飛び込みが書かれていなかったのでそこはよくわかりませんが、陵のダイブは力強い、迫力のあるダイブ、一変してトモは技術で確実にノースプラッシュ(飛沫を上げずに着水すること)を決める。
さて、このノースプラッシュ、というのがなかなか評価が高いので、トモの方が一歩上手。


いや、このマンガは感想の書きにくいマンガのような気がします(汗

さて、まぁ、ノースプラッシュに至るまでがばっさり切られていたマンガ版ですが、まぁ良いと思います。努力の過程を描くのは、アイシールドのデスマーチのような印象の強い練習でないと、読み手が飽きてしまいますから。
ただひたすらダイブする練習ではおもしろみがないですからね。

それで、残り二人もものすごく上手くなっているのもライバルという感じがあって良いと思います。
最終的にまだ強い相手が出てくることになるのですが、あと富士見くん。

未羽かわいいよ未羽

と叫びまくるのもありなんですが、割愛。
あわよくばですが原作と違う展開だったら、割とプッシュすると思います。

でもノースプラッシュは未羽に好印象だったかな。


展開早いなあ(FC2ブログランキング)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://absorption.blog76.fc2.com/tb.php/246-14230d22
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。