--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.15

ツバサ RESERVoir CHRoNiCLE 1巻 感想

ずいぶん前から言っていたツバサのレビューですが、やっとのアップです。神様家族は3巻が見つからないので、ちょっと遅れると思います。


ツバサ―RESERVoir CHRoNiCLE (1) 少年マガジンコミックス ツバサ―RESERVoir CHRoNiCLE (1) 少年マガジンコミックス
CLAMP (2003/08/12)
講談社

この商品の詳細を見る


◆あらすじ◆

「守ってみせる。愛するキミを。」
大切な人を救うため、少年は差し出した彼女の中の“自分”を――

キャラクター総出演
これぞCLAMPの最高傑作!!

「翼」を探す少年の旅が始まる!!

玖楼国(クロウコク)に住む小狼(シャオラン)とさくら。立場の違いを越え想いを通わせる2人だったが、突如現れた刺客によりさくらに異変が起こり、全ての記憶を失くしてしまう!――さくらを救う方法はただ1つ――『異世界に飛び散ったさくらの「羽根」を探し出すこと』
(アマゾンよりコピー。背表紙。)

◆レビューというか感想◆

 言ってしまえば1話が一番好きです。小悪魔的なさくらがかわいすぎです。
ベストショットはコレ↓
abso60.jpg

いいよこれだけで。まださくらが記憶を失っていない頃の話は、完全なラブストーリーのような気がしますが、僕はラブコメは大好きなのでソコがいい。
お互いに好きで、こう、照れてると言いますか?その照れてるところがいいですよ。

と、まぁこの物語のポイントはソコじゃあないのですよ。知世姫のキャラがツボにはまったり、ということもポイントじゃあないのです。
やはりポイントなのは、このあとの旅のパートナーとなる、ファイや黒鋼・モコナという仲間達との出会い。それが一番の見所ではないかと思います。特にファイ・黒鋼・小狼が揃った時は背筋が凍るかと思いました。
そして阪神共和国に突入して1巻は終わり。

本当にカッコイイと思って、はまってしまった1巻です。
是非読んでみては?

1.gif
↑明日あさっては更新出来ないかも知れません。ハヤテの新刊のレビューも早いうちに。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://absorption.blog76.fc2.com/tb.php/75-6c8b139e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
どうも、拝見させていただきました。
自分「ハヤテのごとく」はとても好きで、今日は
「ハヤテのごとく」の新刊を買いにいきました。
もし良かったら、リンクに張ってくれませんか?
自分も「ハヤテのごとく」について話したいんで・・・・
では、よろしくお願いします。
Posted by ロード at 2006.12.16 15:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。