--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.03

テニスの王子様 考察 テニスボールのスピードなどの考察

先週書いたジャンプの感想でも少し触れましたが、今週(先週)のジャンプで、タカさんが石田銀の波動球を受けて観客席まで吹っ飛んでしまうというあまりに人間離れした芸当を見せてくれました。

どのくらいのパワー・スピードがあればあれだけ吹っ飛ぶのか・・・

なにしろまだ中学生なもので詳しいことはわかりませんが、とりあえずやるだけやってみようともいます。

テニスボールの重さ 56.7g~58.5g
・・出来るだけ遅いスピードにしたほうが良さそうなので、58.5gで計算します。


テニスコート 縦 23.77m

・・タカさんの位置などから推定して、

タカさんが立っていたところから吹っ飛んだ距離を・・20mにしておきましょう。

タカさんの体重は65kgだそうで、これを使って計算してみます。

テニスボールの速さをS,タカさんの吹っ飛んだスピードをVとします。

物理関係のことについて検索しながら調べてみると、使えそうなものがあったのでそれを使ってみようと思います。

コレです。

mAvA1+mBvB1=mAvA2+mBvB2
になるので、ボールがタカさんのラケットに当たった後真下に落下したとする。

コレにそれぞれの値を代入してみると、

0.0585×S65×00.0585×065×V

S=1111V

これから判断すると、

ボールのスピードは、タカさんの吹っ飛んだスピードの約1111倍

ということになります。


たとえば、タカさんが2秒で観客席まで飛んでいった
とすると、テニスボールは2秒で22220m進む、ということは、
11110m/s(音の速さの約30倍≒マッハ30)

さあ、このスピードが出るものでしょうかね・・・

参考としては乾のウォーターフォールが212km/hだったりする(秒速に直せば、だいたい59m/s)ので、それの200倍程度。

これを受けて考えられる症状としては、

・ガットが切れる(破れる?)
・ラケットが折れる
・指・手首・腕などの骨が折れる
・ラケットがどこかに吹っ飛ぶ
などなど・・・

一番最初の「ガットが切れる」が一番良いのではないかなあと思います。
張り替えれば良いだけですから。

ただ、ボールにさわらずにボールが壁に激突した時は壁がへこんでしまうでしょうね・・・


また、タカさんは観客席の、それもかなり高いところまで飛んでしまっているので、テニスボールは一回地面についているということでしょう。

そうすればボールは上向きになってタカさんは上に吹っ飛んでしまいます。

しかしながら、石田の波動球を打つ高さ、仮に肩の高さと言うことで地面から1m60cmとします。

ネットの高さは91.4cmです。

ここでよく考えてみましょう。
石田の波動球のスピードは11110m/sでしたね?(あくまで予測ですが)
そのスピードならば、どう考えてもテニスボールは、たかが23m程度のテニスコートの中でフォークのように落ちたりカーブのように曲がったりしないでしょう。
もし仮にフォークのように落ちるとしても、その落差は微々たるもののはずです。


石田は、波動球をベースライン(一番後ろのライン)の近くから打っています。

ベースライン上から放ったとします。
波動球が直線で飛んでいるとすれば、1m60cmの高さから放たれた波動球はコートの真ん中にあるネットの上を通過します。
ネットギリギリならば91.4cmの高さを通過します。(正確にはもうちょっと上だけれども)
そのまま進めば、相手コートのベースライン上では地面から22.8cm上にあることになります。
しかもこの時点でボールは地面に着いていません


・・・アウトですね



◆結論◆

今回はタカさんが観客席まで直線で吹っ飛んでいくというあり得ない設定ではありますが、そこまで大きく外れた計算結果ではないと思います。

なので、最初からわかっていたことではありますが、

無理だ!

また、石田の波動球はさわらなければアウトになる確率がとてつもなく高い。

その他には、石田の波動球が石田のラケットを離れてからタカさんのところまで届くのに、どうがんばっても0.01秒もかからないので、
タカさんの反射神経はあのアイシールド21の阿含よりすごい。


最終的な結論としては、

マンガの中では何でもありだ!


テニスの王子様の内容を現実の考え方で考えること自体が間違っている。



相当疲れる記事でした(笑)

計算間違いとかあるかも知れないので、不安な方は計算して見て下さい。
何か間違っているところがあれば、コメントお願いします。


1.gif
俺がんばった?アウトになるんですよ?


【参考ページ】

力積と運動量様(?)

テニスの規格

テニプリキャラデータ
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://absorption.blog76.fc2.com/tb.php/90-4c47ce7d
この記事へのトラックバック
2007年06・07合併号ジャンプの適当感想。新連載と読み切りはもういいかなーと思ったのでいいや。ToLOVEるイヴが出てきた。まあ、久しぶりにイブがみれたからいいや。D.Gray-man うーん、ここでクロウリー脱
今週のジャンプの感想。 | しがない日々の傷痕? at 2007.01.06 00:16
この記事へのコメント
 シャニさんこんばんは。まさか波動球について考察してるところがあるとは思わなかったので、思わずカキコしてしまいましたw面白かったです。

>石田の波動球のスピードは11110m/s

 そんなに速かったのか…。それほどの速さになるなら、ボールがストリングに当たった瞬間、ボール自体が粉砕&ラケットも粉々になっとることでしょうw逆にそんなシーンは見てみたいと思いますけど。


 ちなみに、海堂の初期のスネイクならば、ある程度真似をすることは可能です(高校時代にやったことがあった)。ただし、肘やひざ、手首等を痛めますし、ストリングが持ちません。なにより全く試合運びには意味がないものです(相手を驚かせることはできますが)。


 突っ込みどころ満載のテニスの王子様ですが、いえることはテニスの王子様のキャラは成人するまでには、もう身体がボロボロ&持たないというのが私の考えです。


Posted by 戒斗 at 2007.01.13 01:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。